最新号 バックナンバー ご注文
CONTENTS
季刊 子どもと健康 臨時増刊(2003)

ADHD、LD、自閉、多動ってなあに?

第一部

●「落ち着きのない子」は病気か?

東京大学医学部小児科 榊原洋一

●ADHDは子ども理解の入口ー子どもの問題は大人自身の不安の投影

横浜市立大学医学部附属病院 竹内直樹

●他人からの手助けを少し多く必要としているだけ

千葉大学教育学部養護教育学 杉浦克生
旭出養護学校 養護教諭 池田花恵

●苦手な面を少しずつ改善していけるように支援したい

司馬クリニック院長 司馬理英子

● ADHD診断基準


●自閉、多動が目立つようになってきた背景とメンタルモデル

東京大学医学部小児科 榊原洋一

●LDのある子どもの理解と対応ー学校と家庭に求められること

筑波大学心身障害学系 宮本信也

●特別な配慮が必要な子どもたちー二次的な障害を防ぐために

千葉大学教育学部養護教育学 杉浦克生

●障害と教育が連携するためにーADHD、LD、高機能自閉症について

横浜市立大学医学部附属病院 竹内直樹

●ニーズに応じた特別支援教育に望むこと〜LD親の会から

全国LD(学習障害)親の会事務局長 山岡修

第ニ部

●脳のしくみと心の不思議

聖隷クリストファー大学看護学部生理学研究室 鮫島道和

●子どもと「社会力」

筑波大学教育学系 門脇厚司

第三部

●養護教諭として「ADHD」とどう向きあうか

横須賀市立田浦中学校 養護教諭 松浦和代

●養護教諭として「LD、自閉、多動」とどう向きあうか

横浜市立高田東小学校 養護教諭 鈴木裕子

Case Study


1.求められる適切な指導・支援

   山梨県甲府市立北東中学校 養護教諭 志賀恵子

2.地域社会の支援を考える

   本紙編集委員 加藤治子

3.支援員の先生との二人三脚

   静岡県A小学校 教諭 山野由梨花

4.たくさんの個性をつなげていきたい

   神奈川県横須賀市 共に歩む会代表 北澤光子

●学校教育の現場でどうとらえるか

   日教組中央執行委員 田中禎憲