最新号 バックナンバー ご注文
CONTENTS
季刊 子どもと健康 No.74 夏号(2003)

「いのちの重み」をどう伝えますか

●いま求められる「いのちの教育」

神奈川県教職員組合養護教員部長 本誌編集委員  宮澤妙子


●子どものいのちと養護教諭

関西国際大学人間学部教授 児童精神科医 清水將之


●人の命の重さを実感させるもの

筑波大学教育学系教授 教育社会学 門脇厚司


●快適・利便を求め続けた代価

元学習院大学教授 社会学 藤竹暁


●生きることそのものを大事に

JT生命誌研究館館長 生命科学 中村桂子


●「命」を実感するときとは

園田学園女子大学国際文化学部教授 社会人類学 河合利 光


●子育てのあり方で伝える命の重み

神戸山手大学 医学博士 島田彰夫


●唯一無二

聖隷クリストファー大学看護学部 医師 鮫島道和


●「命の重さ」は伝えられるのか

特定医療法人慈泉会相澤病院 外傷治療センター長  夏井睦


●「リアルなもの」への渇望

東北芸術工科大学教授 哲学 田島正樹


●命の重み、生きることの意味

科学史 山中茂


●生きる姿、死んでいく姿

財団法人全国青少年教化協議会(全青協)プログラムオ フィサー 仏教教育研究所研究員 神仁


●はじめにはわが身の程を信じ、のちには仏の願を信ずるなり
  -仏教徒として、与えられた命の尊厳を考える

法真寺住職(東京・文京区本郷) 伊川浩史


●かけがえのない命を抱き締めて-子どもに悩む親への手紙

共同通信社会部記者  佐々木央


●比較しようのない「私」であることを伝える

教育ジャーナリスト 青木悦